松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。


主訴:慢性腰痛(棘突起に骨折があるらしい・・・)
20代前半の男性 
現病歴:高校時代のサッカーにより、腰に疲労骨折を負い、卒業後も慢性の腰痛と気候性の偏頭痛に悩んでいた。
アレルギー体質でセイリン社製のパイオネクスはかぶれてしまうと云う事で、ASP鍼をフランスから取り寄せ3週間まって耳鍼療法をする事に。
高校卒業後、特に医療機関は受診していない。
飲酒は週に2回くらい嗜む程度(缶ビール数)
喫煙歴過:2年
既往歴:偏頭痛(高校時代より)
家族歴:特記事項なし
所見:後屈時に強い痛みを感じて反れない。(ROM制限あり)
自覚症状:腰痛、軽い頭痛
施術部位:Right&left Thalamus,Right&left Cingulata Gyrus
添付写真を参照
S__26943507
Left Ear
直後効果:ROMが改善!術者も驚きの動き!

本人談「痛みを伴って後屈が全然出来なかったのが、痛みが全くなく後屈できる!
高校時代になんでここを知らなかったんだろう。
この治療を高校時代にしっていたらサッカー思いっきりできたのに・・・それは悲しい。
痛みの程度は10→0です!」

若い事もあり、次回は3日~1週間以内に来院するように指示。
※10→0とはVAS法の評価法ではなく、最初の痛みを10として本人の申告をそのまま記述してあります。

令和元年7月03日
作成者:松浦哲也

さて、ここで普通に終わらないから会員限定記事となる。
翌朝、患者さんからメッセージが!

先生、腰はヤバい!※1けど、偏頭痛が痛くて困っとる・・・なんとかならん?って。
※1ヤバい!って若者は調子よい時もヤバい!って使います。腰が調子悪いわけじゃないです。
もともと天気が悪くなると偏頭痛が出るとは問診表に書いてあった・・・
けど、一番反応のあったRight&left Thalamus,Right&left Cingulata GyrusにはASP鍼が入っているからそんなに痛くなるはずないのに・・・と思いつつ。

本人が痛いって言ってるし、少ない本数にこだわった経緯もあるし、偏頭痛の問診あんまりしてなかったし・・・再施術した方がいいと判断して、来院する様に指示。

この続きはJATA会員限定記事※2とします。
※2JATAの公式のブログには載せてません。相変わらず私独特の施術方法で施術した症例なので。
私が施術した後の耳の写真が有るだけですけど・・・
偏頭痛への施術例は興味あると思うので、冒険心のある会員さんは真似してみて下さい。


続きを読む

令和元年7月の休診日は、4日、7日、11日、12日、14日、18日、21日、25日、28日となります。

休日でも特に用事が無ければ急患の対応は致しますのでお電話でお問い合わせください。




このページは協会会員のASP鍼をする先生方から頂いた質問をQ&A方式で、識者に答えて頂くコーナーです。
識者には都合上名前を出せない、とっても偉い先生もいます。
そんな偉い人から回答を貰った場合は、すべて松浦が自分で考えたかの様に、偉そうに答えますので察して下さい。
突然、松浦が医者になったり、医学博士になったりすることはないですから(笑)

さて、識者に聞いてみたい質問はメッセージで受け付けております。

今日のQ&Aは
「耳に打ち込んだASP鍼が2日経たないうちに抜けちゃったって患者さんが電話で言ってきたんです。理由を聞かれたけど答えられませんでした。どういう風に応えたらいいんですか?そして対応は?どうしたらいいですか?」
さて、気になる識者の答えは・・・?

この記事の続きは日本ASPセラピー普及協会会員限定記事となります。

(C)日本ASPセラピー普及協会 Japan ASP Therapy Association

当協会では正規の手続きにより薬監証明を所得してASP鍼を輸入する方法を、外部の業者に委託してサポートする体制を整えております。
また、個人輸入マニュアルも販売しておりますので正式にASP鍼を取り扱いたいという先生は当協会までご相談ください。
当協会は患者様の安心安全と、ご自身の国家資格はり師免許を守りたい先生のお力になります。

日本ASPセラピー普及協会
Japan ASP Therapy Association
会長:襖田和敏(医学博士)
事務局長:上市茂生
事務局:大阪府大阪市阿倍野区王子町1丁目4番11号2階 大有堂鍼灸接骨院内
事務局メール: japan.asp.t.a@gmail.com

このブログの広告収益は正しいASP鍼使用方法の普及活動に使わせていただきます。


続きを読む

↑このページのトップヘ