開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

2019年09月

新メニューのご案内

患者様より様々なご意見を
頂戴いたしまして検討した結果、
令和1年10月よりクイック鍼(電気針)を
メニュー化致します。

※施術は1部位(4本=2ch/10分)の電気鍼となります。
※+500円(税込)で立体動態波を追加できます。
※+1,000円(税込)で
 シーケンシャルプログラムモードを追加できます。



この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:慢性腰痛寛解からの急性腰痛
20代男性 
現病歴:仕事中に重いものを持って急に腰が痛くなった。
もともと腰痛もちで、しかもアレルギー体質でセイリン社製のパイオネクスではかぶれてしまうと云う事で、ASP-Needleをフランスから取り寄せASP-Needleを使用する耳鍼療法をするという事で輸入した。輸入が成功したことを連絡して慢性の腰痛に施術して寛解後そのまま1ヶ月くらい経過していた折に今回の急性腰痛を発症する。(要するに今回2回目のASP-Needleによる施術)
特に医療機関は受診していない。
飲酒は週に一度位大量に摂取する
喫煙歴:20本/1日(二十歳を過ぎてから休むことなく)
既往歴:なし
家族歴:特記事項なし
所見:腰の中央、仙腸関節部圧痛、SLR(ー)、FNS(-)、ATR(+)、PTR(+)
自覚症状:動作時痛(前屈・後屈・左右回旋・左右側屈)、安静時痛は無い。

Thalamus、Cingulate Gyrusを目安とし両耳介部をココロケーター(セイリン社製)にて低電気抵抗点を探査し、ASP-Classicを刺鍼する。(左右2本づつ合計4本)

刺鍼部は添付写真を参照
S__30195743
S__30195742

【結果】
施術直後、腰の痛み(運動時痛)はVAS法にて10→2 となった。
尚、患者の感想を言葉を発したまま掲載すると「すごい!これすごい!前回も凄かったけどこんな痛いぎっくり腰にも効くのか!すげー!」だそうです。

【考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも劇的な直後効果がみられる結果となった。これは刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。

症例報告日:令和元年9月17日
症例報告作成者:松浦哲也




この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:重度の首肩こり
40代女性 
現病歴:首・肩こりが酷く悩んでいた。
アレルギー体質でセイリン社製のパイオネクスではかぶれてしまうし、日本の普通の鍼で苦痛部位を施術しても金属アレルギーの為赤くなってしまうと云う事で、ASP-Titaniumu-Needleをフランスから取り寄せASP-Titaniumu-Needleを使用する耳鍼療法をする事に。輸入が成功したので本人に連絡して来院して施術を受けてもらう。
特に医療機関は受診していない。
飲酒好まない。
喫煙歴過なし。
既往歴:ステンレスアレルギー
家族歴:特記事項なし
所見:後頚部と両肩に強い凝りを認める
自覚症状:首肩こり

肩・首の凝りに対してはThalamus、Cingulate Gyrusを目安とし両耳介部をココロケーター(セイリン社製)にて低電気抵抗点を探査し、ASP-Titaniumuを刺鍼する。(左右2本づつ合計4本)

刺鍼部は添付写真を参照
S__29425669
【結果】
施術直後、首・肩の凝りはNRS法にて10→0 となった。
尚、患者の感想を言葉を発したまま掲載すると「凝り固まってた肩が、直ぐに柔らかくなった!!」だそです。

【考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも劇的な直後効果がみられる結果となった。これは刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。

症例報告日:令和元年9月9日
症例報告作成者:松浦哲也




令和元年9月の休診日は、1日、5日、8日、12日、15日、19日、22日、26日、29日となります。

休日でも特に用事が無ければ急患の対応は致しますのでお電話でお問い合わせください。




↑このページのトップヘ