開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

2020年02月

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:20年以上続く左の首(人迎~水突~気舎付近)の違和感、肩こり
40代後半女性 
現病歴:20年以上前から左の首の前側の違和感がある。それに伴い肩こりが酷い。病院で検査の結果、左頸動脈の血流が悪いと指摘されるが、特に異常が無いという事で経過観察が20年程続く。その間、接骨院や整体院などに通っていた。NHKの番組を見ていて、耳に鍼をするだけで効果がある鍼治療がある事を知り、ネットで調べ、怖いけど最終手段として鍼しかないと思い数ヶ月前に当院へ来院する。その際、マグレインSによるThe Japanse Style BFAの施術を試し多少の効果を実感したが、皮膚がかぶれる為継続した施術不可能。相談の上、ASP鍼を輸入して施術を行う事として、鍼が届いたので本日ASP鍼による施術を施した。
飲酒歴:なし
喫煙歴:なし
既往歴:なし
家族歴:特記事項なし
自覚症状:20年以上続く左の首(人迎~水突~気舎付近)の違和感、肩こり

【施術内容】
既に病院にて精密検査を受けているので詳細な鑑別は省略する。耳を触った感じから、源流ではなく、松浦流Battlefield Acupunctureにて対応すると判断。先ず、左の耳のみへ手順通りに施術する。
詳細な手順は拙著「写真で学ぶ戦場鍼治療第二版」にてご確認ください。

刺鍼部は添付写真を参照
20200219T.K.L

【結果】
左の首(人迎~水突~気舎付近)の違和感、肩こりNRS10→0
右耳への施術はしていないも関わらず左頚の違和感が消失すると同時に左右の肩こりも消失しました。
20年以上悩んだ症状が消失した事でとても嬉しそうでした。
来週から体の体質改善(本治)を目的に全身的な鍼灸も併用して問題解決へ一緒に歩んで行きましょうと話をして本日の施術を終了しました。

注意:ASP セラピーの施術報告では、施術の緊急性と効果の即効性を重視しているため、効果判定のVNRSについて最初の苦痛を10として記載しています。


【考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも直後効果の付加ならびに効果の持続がみられる結果となった。

今回は特に刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。

左耳のみ施術で左右の肩こりの症状が消失した事は私の学力では理由を推測できない。

症例報告日:令和2年2月21日
症例報告作成者:松浦哲也

コロナウィルスが猛威を振るっている今こそ戦時中の様にお灸の出番だ!
学校でお灸!
家庭でお灸!
強い身体を作ろう!

86627232_799570797198021_2184272765899505664_n

戦時中に国民がお灸をして強い身体を作っていたって事は事実です!
肺病(当時の肺結核の通称)の治療は本当にお灸だったんですよ!
さあ、お灸の素晴らしさに気付いた人はシェア拡散して、もう一度日本中にお灸を広め様じゃないか!

某国医師であり、私の友人でもある王子のお言葉を引用させてもらいます。
「お灸によりヒートショックプロテインを誘導して免疫力を高める。どこまで効果があるのか不明だが可能性を秘めている。お灸は嫌だが毎日熱い風呂に入ってヒートショックプロテインを誘導しています。」
※Twitterより引用
あれ?
バスクリンの啓蒙になってる(笑)

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。 また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。 つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、ヒートショックプロテインが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながっているのです。


鍼灸の集客文句に「痛くないハリ」とか「熱くないお灸」ってキャッチフレーズが良く使われるけど・・・。
私的には嘘を言いたくないから、鍼は痛い、お灸は熱いが原則です!と言ってます。
そんな私の鍼灸院で唯一痛みが無い(少ない)施術が、このThe Japanese Style Battlefield Acupuncture(日本流戦場鍼治療)マグレイン版です。
当院ではBattlefield Acupunctureを希望される患者さんには、問診後に先ずこの方法で施術しております。
今回の施術目的は#首肩こり #若年境界域高血圧 へのBFAによるアプローチ。
病医院で様々な検査をしても理由が分からず、薬を飲むか飲まないか迷っていた時に、耳で血圧のコントロールができるとの噂を聞いて来院して下さいました。
私としては・・・、全身的な鍼灸治療の方が症例数も圧倒的に多く、良好な結果を導き出せているんので全身治療をおススメしたのですがね、本人の強い希望があってBFAによる首肩こりと血圧のコントロールをする事にしました。
施術はDr.Richard Niemtzowが提唱した5っのポイント(気が滞っているいる部分)へマグレインSを貼り付けました。
20200215S.Y.R
20200215S.Y.L

直後効果としては直ぐに首肩の痛みは変化が認められ、血圧の低下を確認できました。
血圧に関しては医師の指示通り毎朝晩の血圧記録を継続していただく事としました。
週に1度程度の通院で2ヶ月ほど様子を見たいと思います。

尚、刺激方法によっては血圧が急激に上昇する事が有るので、この症例というか、高血圧の患者さんに限っては写真を見て真似するのだけはおやめ下さい。


※痛いとか、痛くないとかの前に・・・本家のASP鍼を使用したBattlefield Acupunctureは、日本の鍼では代替えが効かない場合の緊急措置として海外からその患者さんの為だけに輸入して施術すると云うのが大原則ですのですから初回からASP鍼の選択をする事は原則ありません。




多くの人に鍼灸は痛み止めや肩こりに対する物療の一つだと思われている気がするんだ・・・。
勿論それも出来るけど・・・。
その点だけに絞れば、僕が推奨している耳鍼(Battlefield ACupuncture)だけでも(そこそこ)十分対応できてしまうのだ。

鍼灸の真髄は未病治という予防医学にあるという事を耳鍼(BFA)と共に普及していきたいと思う。

それが”ぴんころ鍼灸道”(プロジェクト)を創めた想い!

S__38182916
S__38182918
S__31752196
S__31752194
印刷用(コンビニ)

ぴんころ鍼灸道とは・・・

いつか来るその時に”ぴんぴんころり”と逝く為に、”月に一度の鍼灸治療と、毎日の自宅灸”で免疫力を高め、病気になりにくい身体を作り、健康貯金をしましょう!という、開祖・松浦哲也が2019年に創めた東洋医学をベースとした新興宗教です。

あ・・・
新興宗教はネタです。

毎日のお灸=毎日の南無阿弥陀仏(仏を信じて拝む)or南無妙法蓮華経(経典を信じて読経する)
月一回の鍼灸治療=お寺への参拝、伝道者・開祖との面談
だと理解して頂くと分かり易いかと(笑)

ご質問を頂いたのですが、月に1回だけしか鍼灸治療をしてはいけない訳でなく、月に2回でも3回でも毎日でも鍼灸治療をして頂いて構いませんよ!もちろん、刺激量は調整しますから!

信仰している寺院へ毎日参拝するのと同じことです!
徳が積まれてぴんころに近づくかもしれませんね♬


拙著「写真で学ぶ戦場鍼治療 第2版」が
Amazon売れ筋ランキング
鍼灸医学の売れ筋ランキングにて2位を獲得できました😍
そして、鍼灸医学の更に上のカテゴリ、伝統医学・東洋医学売れ筋ランキングでも5位を獲得できました😍
※2020年2月2日13:00現在
amazon鍼灸医学の売れ筋ランキング2位
amazon伝統医学・東洋医学の売れ筋ランキング5位 (2)

皆さまのお力添えのおかげであります。
本当にありがとうございますm(__)m


「写真で学ぶ戦場鍼治療第二版」
書籍の購入はコチラから!
又は
メイプル名古屋(https://is.gd/vq2Dty
又は
楽天市場(http://bit.ly/2RQQvFm

↑このページのトップヘ