たまには美容鍼灸の投稿もしておこう。
まだ美容鍼灸なんて単語がなかった昭和の時代・・・
勿論、院長も小さかった頃の話です。

先代院長の祖父は当時から女性の患者さんが来られている時で、時間に余裕がある時に顔の鍼を「若返りの鍼」と言って施術していました。(もちろん、患者さんに希望されてですよ)
施術後に患者さんが笑顔で「若返った♡」って言っていたのが印象的だったのを思い出します。
当時は鍼は1寸-1番が一番細い鍼だったので・・・痛かったでしょうね(>_<)

施術内容ですが、その昔(1970年ころかな?)、日本で鍼麻酔がブームになった事があって、電気鍼に使う器械が普及していました。
祖父はその電気鍼の機械を、若返るからって顔の鍼にも繋げて治療していたんですよね・・・
私が記憶のあるのが5歳位なんで、1980年頃ですかね。
私の記憶の中だけでも「若返りの鍼」は40年の歴史になります。

私が鍼灸師になった頃でもまだ美容鍼灸なんて単語は一般的じゃなくて、美容目的で顔に鍼を刺す施術がこんなにブームになるなんて思っていなかったですから、祖父って先進的で独創的で凄いな・・・って本当に感心してしまいます。
やっぱり師匠は追い越せないですね。

最近は、当院でも分かりやすいように、美容系の鍼灸のメニューは美容鍼灸って表記してますけど、はり師の免許を取った頃から「若返りの鍼」を施術してきたから・・・、私の中では美容鍼灸は「若返りの鍼」って感覚ですね。

当院はもうすぐ70周年!
※当院の美容鍼灸は電気を使っても使わなくても料金は変わりません。 メニューも豊富にあります。 どうぞお気軽にお問い合わせください。 ※写真は施術の一例です。使うツボは毎回変わりますし、通電する場所も目的によって変わります。お顔の状態に合わせて使うツボを変えますので、二度と同じ施術はできないと思っております。