鍼灸の集客文句に「痛くないハリ」とか「熱くないお灸」ってキャッチフレーズが良く使われるけど・・・。
私的には嘘を言いたくないから、鍼は痛い、お灸は熱いが原則です!と言ってます。
そんな私の鍼灸院で唯一痛みが無い(少ない)施術が、このThe Japanese Style Battlefield Acupuncture(日本流戦場鍼治療)マグレイン版です。
当院ではBattlefield Acupunctureを希望される患者さんには、問診後に先ずこの方法で施術しております。
今回の施術目的は#首肩こり #若年境界域高血圧 へのBFAによるアプローチ。
病医院で様々な検査をしても理由が分からず、薬を飲むか飲まないか迷っていた時に、耳で血圧のコントロールができるとの噂を聞いて来院して下さいました。
私としては・・・、全身的な鍼灸治療の方が症例数も圧倒的に多く、良好な結果を導き出せているんので全身治療をおススメしたのですがね、本人の強い希望があってBFAによる首肩こりと血圧のコントロールをする事にしました。
施術はDr.Richard Niemtzowが提唱した5っのポイント(気が滞っているいる部分)へマグレインSを貼り付けました。
20200215S.Y.R
20200215S.Y.L

直後効果としては直ぐに首肩の痛みは変化が認められ、血圧の低下を確認できました。
血圧に関しては医師の指示通り毎朝晩の血圧記録を継続していただく事としました。
週に1度程度の通院で2ヶ月ほど様子を見たいと思います。

尚、刺激方法によっては血圧が急激に上昇する事が有るので、この症例というか、高血圧の患者さんに限っては写真を見て真似するのだけはおやめ下さい。


※痛いとか、痛くないとかの前に・・・本家のASP鍼を使用したBattlefield Acupunctureは、日本の鍼では代替えが効かない場合の緊急措置として海外からその患者さんの為だけに輸入して施術すると云うのが大原則ですのですから初回からASP鍼の選択をする事は原則ありません。