私は日々の鍼灸臨床の他に鍼灸の普及活動の為、2っのプロジェクトを実行しております。

1っはNHKのお陰で一気に認知度を上げる事ができた、疼痛管理に再現性の高い鍼灸治療を普及する、BFA普及プロジェクト。こちらは日本ASPセラピー普及協会に志を同じにする仲間が集まり目的に向かって一緒に動いてくれています。嬉しい事に鍼灸師だけでなく、医師免許をお持ちの先生も参加してくれており、今後の活動がますます楽しみになってきました。

もう1っは、私が考える鍼灸の真髄、健康管理(未病治・治未病)の為の鍼灸治療を広めるためのプロジェクト「ぴんころ鍼灸道」です。
※リアルな宗教ではありませんので誤解の無いようにお願い致します。
こちらも徐々に仲間が増え、健康管理(未病治・治未病)の為の鍼灸治療の普及活動をしてくれています。

相変わらず少し変わった活動をしておりますが・・・本人は至って真面目に活動しております。

「鍼灸をもっと普及させたい」という、私と同じ志を持つ友人、元俳優という珍しい経歴を持つ鍼灸師、京都よしだ鍼灸院の院長、吉田友一先生とのLINEのやり取りの中で、彼はこの様におっしゃっておりました。

>臨床とラジオで地道に普及活動を続けて、この業界の未来を明るく拓けた社会にしていきたいと思っております。

私も、若い先生達と協力して、更に若い先生に「この業界の未来を明るく拓けた社会」と感じて頂けるように活動していきたいと真剣に思っております。

毎回、松浦は伝統ある鍼灸の家系に産まれたのに変わった事ばかりして先代の顔を潰すのか?、とお叱りを受けますが、私は鍼灸の置かれた状況に変化対応して、若い世代に鍼灸を残してゆく活動こそ、伝統を残すために最も必要な事だと思っております。
「鍼灸が大好き」で「鍼灸を普及したい」という目的は諸先輩方とも一緒だと思っております。
どうか、ご理解とご協力を賜りたいと思っております。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

直神傳澤田流®松浦鍼灸院
院長 松浦哲也