新年あけましておめでとうございます。

大動脈解離で倒れてから三年、たくさんの人に助られて病気を克服する事ができました。

本当にありがとうございました。

この三年の間に机上の学問では学べない、気という目に見えぬエネルギーにより身体が回復する事を実感しました。

病気とは大概、気が足りないか、気が乱れているか、どちらかの状態であると感じております。
先天の気(生まれ持った気)は補うことができませんが、後天の気(日々生きていく中で取り込まれる気)は良い気を補うことができます。

鍼灸師は気を補ったり、乱れた気を整えたりする事で病気を予防したり、治療をしたりしております。

その気を実感した事で、とにかく祖父の技術に追いつこうと、技術のみ追求していた病前の私より、より患者さんそれぞれの気の状態に合わせ寄り添った鍼灸治療ができるようになったのではないかと感じております。

今年も鍼灸師として、患者様を元気にするお手伝いができれば良いなと思っております。

本年もよろしくお願い致します。

平成三十年 元旦 松浦鍼灸院 松浦哲也

S_7220852064947
飯田市立病院の6階病棟から見た3年前の初日の出。
涙ながらに見た初日の出・・・あの時の気持ちは一生忘れません。

”唯一の財産は富では無く健康である”

回復を信じて待っていて下さった患者様にこれからもっと恩返ししていきますね。