開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

タグ:写真で学ぶ戦場鍼治療

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:20年以上続く左の首(人迎~水突~気舎付近)の違和感、肩こり
40代後半女性 
現病歴:20年以上前から左の首の前側の違和感がある。それに伴い肩こりが酷い。病院で検査の結果、左頸動脈の血流が悪いと指摘されるが、特に異常が無いという事で経過観察が20年程続く。その間、接骨院や整体院などに通っていた。NHKの番組を見ていて、耳に鍼をするだけで効果がある鍼治療がある事を知り、ネットで調べ、怖いけど最終手段として鍼しかないと思い数ヶ月前に当院へ来院する。その際、マグレインSによるThe Japanse Style BFAの施術を試し多少の効果を実感したが、皮膚がかぶれる為継続した施術不可能。相談の上、ASP鍼を輸入して施術を行う事として、鍼が届いたので本日ASP鍼による施術を施した。
飲酒歴:なし
喫煙歴:なし
既往歴:なし
家族歴:特記事項なし
自覚症状:20年以上続く左の首(人迎~水突~気舎付近)の違和感、肩こり

【施術内容】
既に病院にて精密検査を受けているので詳細な鑑別は省略する。耳を触った感じから、源流ではなく、松浦流Battlefield Acupunctureにて対応すると判断。先ず、左の耳のみへ手順通りに施術する。
詳細な手順は拙著「写真で学ぶ戦場鍼治療第二版」にてご確認ください。

刺鍼部は添付写真を参照
20200219T.K.L

【結果】
左の首(人迎~水突~気舎付近)の違和感、肩こりNRS10→0
右耳への施術はしていないも関わらず左頚の違和感が消失すると同時に左右の肩こりも消失しました。
20年以上悩んだ症状が消失した事でとても嬉しそうでした。
来週から体の体質改善(本治)を目的に全身的な鍼灸も併用して問題解決へ一緒に歩んで行きましょうと話をして本日の施術を終了しました。

注意:ASP セラピーの施術報告では、施術の緊急性と効果の即効性を重視しているため、効果判定のVNRSについて最初の苦痛を10として記載しています。


【考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも直後効果の付加ならびに効果の持続がみられる結果となった。

今回は特に刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。

左耳のみ施術で左右の肩こりの症状が消失した事は私の学力では理由を推測できない。

症例報告日:令和2年2月21日
症例報告作成者:松浦哲也

松浦鍼灸院 開院70周年を記念して、襖田和敏博士、米田裕和博士、竹田太郎博士の3名に監修をして頂き、人生で初の書籍である「写真で学ぶ日本の戦場鍼治療2019」を発行する事ができました。
これもひとえにこれもひとえに、あたたかい御支援と御協力を賜った地域の皆様をはじめ、私をご指導下さった諸先輩方、腕を磨くために一緒に切磋琢磨した仲間達、そして、いつも支えてくれた妻、家族のおかげであり、心より感謝の意を申し上げます。
記念誌の内容は初学者向けの鍼灸の施術教本となっております。
「はじめに」を抜粋して掲載しておきますので私の想い理解して頂けると嬉しく思います。

以下引用文
はじめに
「日本の鍼灸はまるで骨董品の様なものだ。必要な人からすればとても価値が高いのだろうけれど、そうでない人からすれば全くの無価値・・・」
ある大学の教授が仰っていた言葉です。
この言葉に衝撃を受けた私は、もっと鍼灸を一般の人に知ってもらいたいと思い、施術を含め様々な啓蒙活動を行ってきましたが、まるで豆腐に鍼を刺すかの如く、まったく手ごたえを感じていませんでした。
そう、それはあたかも骨董品に価値を見い出せない人に、一生懸命その価値を説明し理解してもらおうとするかの如き行いだったからです。
そんな時、NHKのTV番組でBattlefield Acupuncture(以下、BFA)が紹介されました。
BFAはアメリカ空軍が正式に疼痛やPTSDの治療法として採用している方法です。
合理性を尊ぶアメリカ軍隊が正式に採用しているわけですから、理論はともかく、効果に対しては正に「折り紙付き」と言えます。
いいか悪いかは別として、ご承知の通り日本人はアメリカで認められたり、海外から逆輸入されたものに高い価値を見い出す習性があります。従ってこのアメリカ生まれのBFAを上手く日本で普及させることで、従来の鍼灸も骨董品の様なものから、誰もが価値を認めるものへと変貌させる事ができるのではないかと考えました。
これが私が利益の追求を度外視しBFAの普及活動をしている最大の理由です。
一部の名人による日本の伝統鍼灸は継承されるべき貴重なものですが、それを習得するには血の滲むような弛まぬ努力と生まれ持った才能が必要不可欠であり、誰もが習得できる類のものではありません。
不幸にも志半ばでその道を断念する鍼灸師がいることも紛れもない事実です。
しかし、正しく学ぶことが前提ではありますが、比較的短時間の練習で誰もが習得可能なBFAは、初学者でも即効性と一定の再現性をもった施術の提供を可能とします。
もし、全国どこの鍼灸院(施術所)でも一定以上の効果が得られるのであれば、誰もがその価値を認め、もう骨董品の様な扱いを受ける事はなくなるのではないかとの想いから、BFAを誰もが学べる様に日本で最初のBFAの施術解説書を豊富な図解写真付きで作成しました。
私は、初学者にまずBFAを用いた施術で鍼灸の効果を実感してもらいたいと思います。その成功体験が更に自信に繋がり、口コミで患者さんを紹介してもらえる様な良いサイクルが生まれることを期待しています。
そして、いつかBFAによる施術で限界を感じた時、自信と余裕を持って次のステップ(伝統的な鍼灸の習得や継承)に進んでいってもらいたいと考えています。

「鍼灸を通じて地域社会に貢献したい」との想いで、日々精進されている鍼灸師の皆様に、本書が少しでも力になるようであれば、これにすぐる喜びはありません。
松浦 哲也、

写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(0)
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(1)
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(2)
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(41)



↑このページのトップヘ