「病になっても病気にするな」

人は誰でも、「体調が優れない」、「どこかが痛い」など、

「病」に罹ることはあります。

しかし、この時の「病」の捉え方が重要なのです。

「病」には当然のことながら、

軽いものから重いものまで様々ですが、

得てして「気」まで病んでしまう方が多いようです。

まさしく「病気」に陥る瞬間です。

「病」は身体の内側から、

あなたに知らせるSOSのサインです。

このサインに心身を傾け、

日々の暮らしの是正を行っていただきたいのです。

この「病」のお陰で、

「日々の忙しさから休息を得ることができた」、

「周囲の人々の優しさを感じた」

「同じ症状を持つ方の辛さがわかるようになった」

などポジティブに受け止めましょう。

老化や難病など難治性の現状にも、

身の周りの「できること」に目を向け心身を動かして下さい。

「小さなできること」が「大きなできること」に変わるはずです。

「病」にとどめる「強い気」こそが、

その後の症状改善に大いに関わってくるのです。

 

これはちょうど病になり、気まで病んだ頃に、

大学の先輩が投稿していた「病の教訓」であり、

「病気を克服」しようと思った考え方です。

 

大動脈解離発症から2年経った、
今日だから分かります。

今、生きていられるのは、

救ってくれたお医者様は勿論、

どんな時も一緒に居てくれた家族、

いつも助けてくれた友達と、

この言葉に出会えたからだと。

 

同じような病になってしまって、

気まで病んで、悩んでいる人にこの投稿が目に触れ、

気が回復するきっかけになってくれればいいなと思います。