開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

タグ:症例報告

【1本のASP鍼で慢性腰痛が緩解した施術例】

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:急性腰痛(左)
30代男性 医療従事者
現病歴:数年前より左腰が痛く慢性的に痛みがある状態が続いている。NHKで放送されていたBattlefiedl Acupunctureで何とかなるんじゃないか?と思っていてグーグルで検索して当院へ。
セイリン社製のパイオネクスはかぶれてしまうと云う事で緊ASP鍼を輸入して施術する事に。
医療機関では特に原因が分からない。本人も医療従事者であり、この慢性的な痛みの状態が原因不明だとよく理解している。
飲酒を好む。
喫煙歴過去に数年間あり。

続きは・・・
~中略~

写真で学ぶ日本の戦場鍼治療 2019
Japan Battlefield Acupuncture Photo Book 2019
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(0)
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(1)
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(2)
写真で学ぶ戦場鍼治療2019監修用フォト(41)
をお求めください。

~中略~
結果・・・
その後、定期的な1本のASP鍼の施術にて症状のコントールが出来ている。
令和元年6月19日
作成者:松浦哲也 

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:頚椎捻挫後遺症 、腰痛
40代女性 主婦
現病歴:20年以上前に交通事故にて首と腰を整骨院で施術。
治癒に至らず、当院の門を叩く。
毎月2回程度の通院施術にて症状は安定している。
特に医療機関は受診していない。
本日は天候の変化に対応できず首と腰が激しく痛み定期通院日ではないが来院する。
以前より、セイリンパイオネクスによる施術で肌がかぶれてしまい耳鍼が出来ずに困っていてので、フランスよりASP鍼を輸入して4日後の定期通院日に施術する予定であったが、本日ご来院された為、ASP鍼による施術をする。
飲酒を好む。
喫煙歴なし。
既往歴:20年前に交通事故(頸椎捻挫・腰椎捻挫)柔道整復師による単独施術の為、後遺障害等級認定には至らず。その後も首、肩、腰の自覚症状に悩まされる。
家族歴:特記事項なし
所見:ROM制限(多少の前屈制限)、その他自覚症状のみ
自覚症状:頭痛、首のだるさ・痛み、腰痛
施術部位:Cingulate Gyrus,Thalamus,Onega2,Point Zero,Shen Menの順に、その付近をココロケーターにて反応点を探してASP鍼にて刺鍼

刺鍼部位は添付写真を参照
S__25714727
直後効果:首腰共に症状緩解、VAS法にて10→1
ASPセラピーの効果に驚き帰宅。
次回は定期通院日に来院予定。

令和元年6月18日
作成者:松浦哲也

↑このページのトップヘ