開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

タグ:美容鍼灸

「鍼灸師はウデが全て!」「治してナンボ!」

そんな環境で生まれ育ってきた私、直神傳澤田流®松浦鍼灸院 松浦哲也。

大学卒業後、師匠でもある祖父の元で臨床に明け暮れ、無事に二代目を継承し、それなりに充実した日々を過ごしていた6年前、39歳で大動脈解離を患い生死を彷徨った末、奇跡的に一命を取り留めることができました。

これをきっかけに自分の人生と本気で向き合うようになり、残りの人生で私がこの世に生きた証を残したいと考えるようになりました。その想いが日増しに強くなり、紆余曲折の末、出した答えは『技術の伝承』でした。

私が次世代を担う若手鍼灸師に残したい「技術」とは、「一握りの選ばれた天才が弛まぬ努力の末に修得可能かどうかのワザ」ではなく、「誰もがマニュアル通りに努力すれば修得可能な再現性の高い技術」です。

しかし、私が継承した澤田流はセンスが全てと云われ、昔ながらの師弟制度で人生を賭けなければ修得不可能な、それこそ一子相伝のワザです。
大変迷い、葛藤もありましたが、私は思い切って澤田流に拘ることを止めました。

そして正しく訓練すれば誰もが修得可能な再現性の高い鍼灸治療※1を、死ぬまでに一人でも多くの若い先生方に伝えることが、私がこの世に残された使命だと考えることにしました。

その第一弾としてBattlefield Acupuncture®という米軍が開発した鍼治療を伝えるため、2年前に志を同じくする仲間と一緒に「日本ASPセラピー®普及協会」という会を設立しました。今では全国で約50名余名の熱い想いを持った先生方と一緒に普及活動に取り組んでいます。

又、私は「誰もが修得可能な再現性の高い鍼灸治療」の第二弾として、「微弱電流鍼通電(MCEA)」を使った治療法を、某治療機器メーカーの全面的なバックアップを頂きながら伝えてきました。現在は「JATA微弱電流鍼通電療法研究会™」として活動しております。

そして2021年、私が「誰もが修得可能で再現性の高い鍼灸治療」の第三弾としてセレクトしたのは・・・今後ますます需要が伸びていくであろう「美容鍼灸」です。

ただ、美容鍼灸と言っても巷に溢れる既存のものではなく、テーマとするのは再生美容鍼灸™※2です。
スライド1
スライド2
スライド4


再生美容鍼灸™とは、文字通り美容鍼灸と再生美容エステを組み合わせた、「美バリメソッド」というマニュアルに基づいた新時代の施術方法であり、これを若き先生方に伝え広めたいと考えています。

ではなぜ、私がこの「美バリメゾット™」を推奨するのか?

その理由はまず私と「美バリメゾット™」との熱き出会いを語らなければなりません。

昨年、私は微弱電流鍼通電療法を応用した当院オリジナルの美容鍼法「Cosmetic Acupuncture® MCR」と「ヒト幹細胞ローション」を使ったエステを融合させようと研究していましたが、なかなか思うような結果が出せず悶々とした悩める日々を送っていました。

そんなある日、大学の同期でOcean鍼灸整骨院の総院長である山本真一郎先生から「保存剤や他の美容成分などが全く入っていない、マイナス80℃凍結保存のヒト臍帯幹細胞培養上清液を肌に導入できるシステムがある」とのメッセージを頂きました。藁をもすがる思いで試してみたところ、今までと比較にならないくらいの劇的な変化が起こったのです!「再現性のある美容鍼灸」を完成させるためのオーパーツはコレだと直感し、その日のうちに正式な取扱いを決意した次第です。

美容鍼灸の後にヒト臍帯由来幹細胞上清液を導入するというのは理にかなっています。私も今まで散々ヒト幹細胞ローションを施術に用いてきましたが、このヒト臍帯幹細胞培養上清液は「美肌細胞再生」といっても過言ではない程の現象※3が目の前で起こったのです!
これこそが私の追い求める美容鍼灸だと確信した瞬間でした。
以上が私と「美バリメゾット™」との最初の出会いです。

山本先生にご紹介頂いた、(株)マスターピースさんの「美バリメゾット™」=「再現性の高い再生美容鍼灸™」は完全にマニュアル化された施術法ですので、誰でも安心して取り扱うことが可能です。

そして、なにより重要なのは、「美バリメゾット™」は20万人エリアに1院限定取り扱いになりますので、価格競争に巻き込まれ疲弊する事もありません!誰にでも可能であるからこそ、先に手を挙げて下さった先生の商圏は守られなければなりません。

今更ながらですが、鍼灸は我々にとって業であってボランティア活動ではありません。
お客様に喜んでもらうと同時に、我々もしっかりと稼ぎ日本の経済を大いに回していきましょう。

「美バリメゾット™」は美容鍼灸の革命と言っても過言ではないものです。

私の想いを信じ、そして一緒に「美バリメゾット™」を美容鍼灸のフラグシップメニューに取り入れてみませんか?

最後に、広告やSNSで無理やり集客をしなくても、実社会に於けるリアルな口コミで患者さんが来てくれる様な、「一握りの天才が習得する様な鍼灸※4」に興味がある鍼灸師の先生や、医学博士による「鍼灸師としての教養を深める教育及び、知識のサポート」を受けたい鍼灸師の先生には私が主催する「ぴんころ鍼灸道®」の鍼灸師生涯学習支援プロジェクト「ぴんころ鍼灸塾®」で私と、武田塾頭(博士・医学・名古屋大学)がクビを長〜くしながら連絡をお待ちしています♬、と申し添え、筆を擱かせて頂きます。

最後までお読み下さりありがとうございました。

2021年1月吉日
直神傳澤田流®松浦鍼灸院
院長 松浦哲也


※1)再現性が100%保証される事はありません。
※2)再生美容鍼灸™とは再生美容エステと美容鍼灸を組み合わせた造語です。
※3)個人の感想であり再現性が100%保証されるものではありません。
※4)澤田健大師匠曰く「どの穴でもそうだが、本で示されたのは健康な狂いのない体についてのことだから、病体とはあわぬことが多いのです。病気ということはくるひがあるということだから、くるった体はくるったように穴をとる必要が出で来るのです。」


美容鍼灸は美容だけじゃない! 健康にもいいんだ!

スライド19

S__60301317-1

S__59826187-1

S__58703900-1

S__58703899-2

S__58703898-1

美容鍼灸に追加料金なく対応できます。
詳細はお問い合わせください。



当院の美容鍼灸系メニューのフラグシップ「再生美容鍼灸™(美バリメソッド)」を受けた患者さまより口コミを頂きました。
美容整形鍼灸(笑)、また新しい造語が産まれましたね。
ステキな口コミありがとうございました。
再生美容鍼灸™(美バリメソッド)の11月分のご予約が埋まっておりますが、12月はまだご予約をお取りできますのでお問い合わせください。
通常の美容鍼灸は11月もまだご予約頂けますのでそちらもご検討下さい。
よろしくお願いいたします。





再生美容鍼灸タイトル(正方形)

当院の美容鍼灸系フラグシップメニューとして、
本日より美バリメソッド™&再生美容鍼灸™が仲間入りしました!
「今までの美容鍼灸でも充分すごかった!」とのお声をたくさん頂きますが・・・
今回、私が導入した再生美容鍼灸とは美容鍼灸と何が違うのか?
それは・・・
「保存剤や他の美容成分などが全く入っていない−80℃凍結保存のヒト臍帯幹細胞培養上清液(国産)を従来の美容鍼灸後の肌へハイドレーティングシステムを使って導入する」という事・・・!
これにどんな意味があるのか・・・?
詳しい話は鍼灸院で直接お話させて頂きます。
尚、施術時間・料金等は直接お電話でお問い合わせください。

※昨日までで11月のご予約は全て埋まってしまいましたが、まだまだ問い合わせがたくさんありますので、一般鍼灸の時間を減らして、美容鍼灸の時間に充てあと数人受ける事に致しましたのでご連絡を頂ければ可能な限り対応させて頂きます。


微弱電流を使った美容鍼灸で10年後も-10歳肌に見られよう♬

かわいいお嬢様が当院おススメの美容鍼コースをご体感くださいました。

109101998_906337166521383_6593002729040545400_o


①私が今、最も熱くハマっている微弱電流鍼通電療法を併用した美容鍼灸、その名も”Cosmetic Acupuncture MCR”

②脳汁と一緒にストレスも溢れ出る・・・耳灸
※当院では安全の為、1壮づつ据える方法に変更しました。

③Battlefield Acupuncture®を応用したASP美容耳鍼療法(ASPセラピー®)


このトリプルコンボが最良の結果を導く!
微弱電流を使った美容鍼を知ったら・・・普通の電気じゃ満足できないぞ!

そして、やった人しか理解できない・・・
脳が溶けて耳から溢れてしまう感覚(笑)、それが「耳灸」
ストレスMAXなお姉さん方にはとっても評判良いですよ!
自分でも出来るけど・・・髪の毛焼かないでね!

最後に、ASP-Needle®を使ったBFA!これは使った人しか分からない。痛いけど・・・それ以上の効果が得らえる!
もうね・・・一度使ったら辞められない。

ご来院ありがとうございましたm(__)m
また、来月来てね~♫

未来のキレイの為に、月に一度の美容鍼。
byぴんころ鍼灸道

注)鍼の本数、配穴、通電部位は患者様の目的によって変化しますのでご了承下さい。

Copyright © 2020 Tetsuya Matsuura All rights reserved.



↑このページのトップヘ