開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

タグ:鍼灸治療

生意気な事書きますが・・・
守破離で云うなら離です。

飯田での新しいメニュー「至高の鍼灸」シリーズを2っ提案させて頂きます。
メニューの頭にNewと付けてある3っが該当します。

先ずは第一弾・・・松浦流「至高の鍼灸」です。
直神傳澤田流®鍼灸を始め、普通の鍼灸、美容鍼灸、頭皮鍼灸、スポーツ鍼灸、心療鍼灸、耳鍼、Battlefield Acupuncture、微弱電流鍼通電療法、Cosmetic Acupuncure、ぴんころ鍼灸道、私のもっている技術、知識、思想をテンコ盛り。

貴方にとって私が良いと思う事を、予算を気にせずに、私の思うまま提供させて頂きます。
ワタシ流の至高の鍼灸を是非ご体感くださいm(__)m

受けてみたい人はお電話でご予約の上、諭吉さん3枚をもってお越しください。


https://www.ekiten.jp/shop_1896043/menu/menu_1290563/

※コロナ自粛明け後、飯田市の松浦鍼灸院以外での鍼灸診療はこのメニューのみとさせて頂きます。松浦だけに「松コース」のみです♬ただし、フォトはできませんのでご了承下さい。

Copyright © 2020 Tetsuya Matsuura All rights reserved.



怪しいがん治療の見抜き方が、鍼灸業界にも当てはまると思い・・・
自虐ネタを含めて書いております。
客観的に評価すると鍼灸師ってあ・や・し・い♫

注)あくまでネタだから!
アンチ君たち真剣に反応しないで・・・

怪しい鍼灸師(院)の見抜き方
以下の表現を使う鍼灸師(院)は危険サイン

1.何にでも効く!:鍼灸は痛み止め効果だけでは無いが、鍼灸治療は万能ではない。
※万能ではないが、施術する先生の腕によって結果に差がでるのは事実。

2.個人の感想が根拠:個人感想の協調は科学的根拠なしの自白。
※当院の鍼灸治療も個人の感想の寄せ集めかな?まあ、鍼灸ってそんなもんだぜ!

3.免疫力をあげる:科学ではないことの証拠。
※当院では最初から鍼灸は野蛮で非科学的だと言っているから・・・素直だな、おれ。

4.単純な治療方法:食べるだけなどすぐにできること。
※当院でも自宅灸をするだけで・・・って単純な治療方法を推奨しているぞwやば。

5.オールナチュラル:天然なら効くとは限らない。
※う~ん…鍼灸師は天然さんが多いのは事実だ。

6.極端な宣伝文句:1本で痛みが消える。魔法の治療。
※あ、Battlefield Acupunctureでこの表現使ってた事ある!魔法の治療とは言ってないけどさ。取り方によってはさ、煽り表現してんじゃん・・・俺も(>_<)反省。1本で効いた人もいましたね~位にしといた方がいいなw
まあ、この、極端な宣伝文句は法律に縛られている鍼灸業界では少ないよね。やってっても、言ってる事が整体師さんや柔道整復師さんに比べたらかわいい(笑)
やっぱり、柔道整復師は陽キャ(派手)で鍼灸師は陰キャ(地味)だよ・・・

7.有名医師/研究者が推薦:全員が推薦しないのは変。
※う~ん、そうかな?これは賛成できないな・・・アンチが居ない鍼灸院は逆に怪しい。

8.陰謀論:「医師/製薬会社はグル」が常套句
※鍼灸に陰謀論はないわwwwだってね~(笑)言わなくても分かるよね~!

これらを見つけたら、まず疑う。
そして、Twitterで医師垢に相談を!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
貼ってあるリンク先の記事が元ネタね! ネタという表現は正しくないですね・・・すみません。 情報元です。
尚、リンク先の先生は真面目なお医者様です。
私はお医者様の書いた記事の内容を茶化している訳でないので先にご理解ください。

体温調整が苦手な障害児への鍼灸治療の一例です。

S__31481883
S__31481881
鍼灸治療をすると冷たかった身体が暖かくなります。
鍼灸治療が障害児の生体恒常性を保つ手助けとなっておる実例として紹介させて頂きます。
#直神傳澤田流太極療法®

◆鍼灸治療の効果は”痛み止め”効果以外に様々な疾患の治療や予防にも効果が期待できる東洋医学を構成する治療法の1っです。

◆初めての鍼灸治療は鍼灸専門院で臨床経験10年以上の先生を探してみて下さい。鍼灸治療は施術する先生の腕で結果に大きく差が出てしまいます!(稀に天才と思われる鍼灸師が存在します。その様な先生の場合は開業10年未満でも大丈夫です!天才と思われる先生は実際にいます!)


地球がお怒りになってらっしゃるのでしょうか?
5月だというのに真夏の様な気温・・・ビールが美味しいですね♪
さて、これだけ暑いと既に冷房のお世話になっていらっしゃる方もおられるかもしれませんね。
科学が発展したからこその夏の”冷房による冷え”=”クーラー病”。
東洋医学の過去の書物には一切書いてない病気だと思いますけど、お灸が有効だと治療をしていて毎年感じますので、今年はネット上でもおススメしておきます。
自宅で自分でやるもよし、鍼灸院で治療してもらうのもよし。
鍼灸院で1回治療して、自宅で継続するのが一番いいですね♪
当院ではお灸のみのコースもご用意しております。
鍼が苦手だとい方にも教えてあげてくださいm(__)m

お灸ポスター2JPEG


「言葉で説明するより画像を見せて下さい」と患者さんからのご要望を頂きましたので灸頭鍼の風景を載せておきますね。
DSC00093
「具体的に何に効くのか?」よく質問されますけど、患者さんの症状に合わせて使い分けますので、これに効くと断言できませんが、ご婦人に多い冷え性をはじめ、基本的に冷えが原因の症状全般に効果的ですね。

「冷えは万病の元」と云われています。灸頭鍼ではお灸の熱がツボに刺さった鍼を通じて身体を芯から温め、冷えの改善、血流改善、内臓の活性化、代謝や白血球の増加による免疫力アップ等が期待できると云われています。

Wikipediaによると「いかにも効きそうなため、これを看板にしている鍼灸師はかなりいる。」と書かれていますが、これを看板にして食べていけるのか疑問ですね。データがまだないとい事は調べてみたら本当ですね。だれか研究する学者先生いないですかね!?最期に、我々施術者の健康まで心配してくれているようですが、今の建築基準で建てられた鍼灸院なら換気扇がしっかりしていて室温を下げずに艾の煙を外に出せるからそれほど心配はないと思います。そもそも艾の煙でガンになる事を心配する者は鍼灸師の道を選んでいないので要らんお世話だと私は個人的に思っています。

それにしてもWikipediaのこのページの編集者さんはなかなかユニークな文章を書きますねー。
灸頭鍼のイメージが正しく世界に発信されていないのは悲しい。

Wikipedia灸頭鍼

↑このページのトップヘ