松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

タグ:ASP耳鍼療法

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:重度の首肩こり
40代女性 
現病歴:首・肩こりが酷く悩んでいた。
アレルギー体質でセイリン社製のパイオネクスではかぶれてしまうし、日本の普通の鍼で苦痛部位を施術しても金属アレルギーの為赤くなってしまうと云う事で、ASP-Titaniumu-Needleをフランスから取り寄せASP-Titaniumu-Needleを使用する耳鍼療法をする事に。輸入が成功したので本人に連絡して来院して施術を受けてもらう。
特に医療機関は受診していない。
飲酒好まない。
喫煙歴過なし。
既往歴:ステンレスアレルギー
家族歴:特記事項なし
所見:後頚部と両肩に強い凝りを認める
自覚症状:首肩こり

肩・首の凝りに対してはThalamus、Cingulate Gyrusを目安とし両耳介部をココロケーター(セイリン社製)にて低電気抵抗点を探査し、ASP-Titaniumuを刺鍼する。(左右2本づつ合計4本)

刺鍼部は添付写真を参照
S__29425669
【結果】
施術直後、首・肩の凝りはVAS法にて10→0 となった。
尚、患者の感想を言葉を発したまま掲載すると「凝り固まってた肩が、直ぐに柔らかくなった!!」だそです。

考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも劇的な直後効果がみられる結果となった。これは刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。

症例報告日:令和元年9月9日
症例報告作成者:松浦哲也




この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。

【目的】
東京よりASPセラピーのFacebook記事を見てDMにて相談を受ける。慢性の首・肩の凝りに悩んでいる。また、加齢によるお肌の悩みもあるとの事。東京でパイオネックスによる耳鍼や耳ツボジュエリーによる施術を受けてきたがどちらもテープによるかぶれが起こってしまい施術を断念していた。アレルギーの程度が重度の為、ASP鍼ををフランスより輸入する事にする。輸入が成功した時点でDMにて連絡して東京より来院してもらう。
施術当日、更に詳しいASPセラピーの説明を受け、同意の上で施術することとなった。

【対象】
40代前半女性 会社役員

【方法】
肩・首の凝りに対しては反射区を目安とし両耳介部をココロケーター(セイリン社製)にて低電気抵抗点を探査し、ASP-Titaniumuを刺鍼する。リフトアップの刺鍼部位に関しては松浦が経験上使っている独自の4点を選んでASP-Titaniumuを刺鍼した。
刺鍼部は添付写真を参照
S__28917780
S__28917781
【結果】
施術直後、首・肩の凝りはVAS法にて10→0 となった。
リフトアップに関しては左右のほほ肉を両手で下から上に持ち上げられているような感覚を感じたと本人が語っている。施術者視点からも口角が上がり、顎のラインがシャープになった様に見えた。
尚、一週間後の患者の感想を原文のまま掲載すると「外れて来たら弛んだ気がする〜(焦る:絵文字)。助けてくれ〜‼️という感じ。」だそです。

【考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも劇的な直後効果がみられる結果となった。これは刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。尚、ASP鍼によるリフトアップを含む美容鍼灸分野の研究は海外論文等を探しても皆無、また、令和元年8月現在ASP鍼による美容施術を正規に表立って施術している者が世界規模で探しても松浦哲也と、その教えを受けた者一人の為、博士号を持った研究者による研究及び論文の発表が待たれる。

症例報告日:令和元年8月26日
症例報告作成者:松浦哲也


この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。

【目的】
1週間前に重いものを持ち上げてぎっくり腰になった。接骨院に毎日通ったが痛みが取れず・・・耳鍼がぎっくり腰に良いとの噂を聞いて来院。初診時に問診をしたところ、他院で従来の円皮鍼ではかぶれてしまった事がある事が判明。この度ASPセラピーの説明を受け、同意の上で施術することとなった。

【対象】
30代後半女性 製造業勤務

【方法】
両耳介部をココロケーター(セイリン社製)にて低電気抵抗点を探査し、帯状回(Cingulate Gyrus)と視床(Thalamus)、原点(Point Zero)、神門(Shen men)、オメガ第2点(Omega2)相当部位にASP鍼を置鍼、ただしオメガ第2点は内側から刺鍼(松浦独自の方法)
添付写真を参照
S__29089863
【結果】
施術直後、VAS法にて10→0 となった。
ROM FULL

【考察】
先行研究では75~82%のASPセラピー患者に疼痛改善効果がみられるとあるが、今回のケースでも劇的な直後効果がみられる結果となった。これは刺鍼部位を当て推量ではなく、低電気抵抗点を探査した上で決定したため、疼痛時に活動が亢進するとされる脳の視床下部へ、効果的な抑制刺激を加えることができたためではないかと考えられる。

症例報告日:令和元年8月24日
症例報告作成者:松浦哲也


この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:頚椎捻挫後遺症 、頭痛

40代後半女性 パート・主婦

現病歴:首肩の凝り・頭痛(緊張性頭痛)

症状が現れると電話にて予約の上来院して鍼灸治療を受けていた。

特に医療機関は受診していない。

以前より、セイリンパイオネクスによる施術で肌がかぶれてしまい耳鍼が出来ずに困っていてた。ネットでASPセラピーの効果を見て、私も受療したいとの事で、フランスよりASP鍼を輸入して症状の出現したときに耳鍼で施術する事として準備していた。今回、症状が現れたので来院してもらいASPセラピー(耳鍼療法)のみで施術する。

飲酒は週に1回程度

喫煙歴なし。

既往歴:5年前に交通事故(頸椎捻挫)を柔道整復師による単独施術によって後遺障害認定には至っていない。

家族歴:特記事項なし

所見:ROM制限なし、その他自覚症状のみ

自覚症状:頭痛、首のだるさ・痛み

施術部位:ココロケーターにて反応点を探しASP鍼にて置鍼、写真の2点の他に神門も使おうと思ったが本人の希望により2点(左右4点)に施術

添付写真を参照
S__27582517
直後効果:4点施術直後に症状緩解、VAS法にて10→0

ASPセラピーの効果に驚き帰宅。

次回は2日~1週間以内に抜鍼に来院予定。

令和元年7月16日
症例報告作成者:松浦哲也



ASP-Needle使用の際の禁忌事項等(Sedatelec記載文)  

この記事の続きは日本ASPセラピー普及協会会員限定記事となります。

(C)日本ASPセラピー普及協会 Japan ASP Therapy Association

当協会では正規の手続きにより薬監証明を所得してASP鍼を輸入する方法を、外部の業者に委託してサポートする体制を整えております。
また、個人輸入マニュアルも販売しておりますので正式にASP鍼を取り扱いたいという先生は当協会までご相談ください。
当協会は患者様の安心安全と、ご自身の国家資格はり師免許を守りたい先生のお力になります。

日本ASPセラピー普及協会
Japan ASP Therapy Association
会長:襖田和敏(医学博士)
事務局長:上市茂生
事務局:大阪府大阪市阿倍野区王子町1丁目4番11号2階 大有堂鍼灸接骨院内
事務局メール: japan.asp.t.a@gmail.com

このブログの広告収益は正しいASP鍼使用方法の普及活動に使わせていただきます。



続きを読む

↑このページのトップヘ