開院70年 直神傳澤田流® 松浦鍼灸院

鍼灸で身体の不調を治すだけではなく、不調が出ない身体をつくる お手伝いをする。 当院は“未病治”を目標に鍼灸院を運営しております。

直神傳澤田流®(じきしんでん さわだりゅう)松浦鍼灸院の公式ブログです。

タグ:battlefieldacupuncturetechnique

たった10本のASP-Needle®で首肩こり&お顔のたるみが解消!

「石がのってる感じでやたらと硬く首も回らない、ついでにたるんだお肌も何とかして!!」という40代の女性、通常による鍼灸治療では効果が少なく、ASP鍼を使った治療(ASPセラピー®)を試みる事に。
今回はASP鍼を使った耳鍼療法、所謂「Battlefield Acupuncture®」にて対処する事にする。
「終わった瞬間・・・本当に瞬間ですよ❣️肩を回すと軽い〜✨✨✨✨えっ?て」仰る位まで改善させることができました。
お顔の方もご満足された様子でした♫

Battlefield Acupuncture(戦場鍼治療)とは、プラセボ効果では何ともならない戦場での負傷痛や不眠治療に用いられている、米空軍の軍医であったDr.Richard Niemtzow(ニムゾフ退役軍医大佐)により2001年に名付けられた、米軍で正式に採用されている鍼治療法です。

Dr.Richard Niemtzow(ニムゾフ退役軍医大佐)が研究の末に導き出した5っのポイントにASP-Needleを刺鍼するだけというシンプルな治療方法ですが、再現性と即効性に優れています。
平均して約75%に疼痛の軽減がある※1と報告されています。
※1 http://fanblogs.jp/japanasptherapyassociation/archive/20/0

※※※日本でのBattlefield Acupuncture・戦場鍼治療・ASP鍼の取り扱いに関して※※※

日本でのBattlefield Acupuncture・戦場鍼治療・ASP鍼の取り扱いに関する事なら日本ASPセラピー普及協会、事務局までお問い合わせください。

事務局 大阪府大阪市阿倍野区王子町1-4-11-2階 大有堂鍼灸接骨院内
事務局長 上市 茂生 宛
メール japan.asp.t.a@gmail.com 

日本ASPセラピー普及協会(JATA)
日本ASPセラピー普及協会は、松浦哲也主催のBattlefield Acupuncture研究会を前身団体とする、フランス製の鍼灸針「ASP鍼」を使った施術(ASPセラピー・襖田和敏博士命名)の日本に於ける正しい普及を目的とした任意団体です。
ASPセラピーは、ASP耳鍼療法とASP皮内療法を主に、疼痛のコントロールのみならず、小児はりや美容鍼灸の分野にもその対象を広げております。

尚、Battlefield Acupunctur(ASPセラピー)の施術を受けたいと云う患者様は当院(松浦鍼灸院)では勿論の事、全国の日本ASPセラピー普及協会(JATA)に所属する会員から施術を受ける事が出来ます。
施術を受けらえる施設は、協会のホームページより検索できます。
https://japan-asp-therapy.amebaownd.com/…/3214488/page_2019…

#acupuncture
#battlefieldacupuncturetechnique
#battlefieldacupuncture
#松浦流BattlefieldAcupuncture
#松浦式BattlefieldAcupuncture
#BFA
#松浦流BFA
#松浦式BFA
#バトルフィールド鍼灸
#松浦流バトルフィールド鍼灸
#松浦式バトルフィールド鍼灸
#耳ツボ
#耳ツボ以上
#ASP耳鍼療法
#aspセラピー
#asp
#鍼灸
#日本ASPセラピー普及協会

※ASP NEEDLE、ASP CLASSIC、ASP GOLD、ASP TITANIUM、ASP PERMA、ASP ORIGINAL、ASPセラピーは日本ASPセラピー普及協会(JATA)が管理する登録商標です。
※Battlefield Acupuncture は松浦鍼灸院が管理する登録商標です。




Copyright © 2020 Tetsuya Matsuura All rights reserved.



鍼灸の集客文句に「痛くないハリ」とか「熱くないお灸」ってキャッチフレーズが良く使われるけど・・・。
私的には嘘を言いたくないから、鍼は痛い、お灸は熱いが原則です!と言ってます。
そんな私の鍼灸院で唯一痛みが無い(少ない)施術が、このThe Japanese Style Battlefield Acupuncture(日本流戦場鍼治療)マグレイン版です。
当院ではBattlefield Acupunctureを希望される患者さんには、問診後に先ずこの方法で施術しております。
今回の施術目的は#首肩こり #若年境界域高血圧 へのBFAによるアプローチ。
病医院で様々な検査をしても理由が分からず、薬を飲むか飲まないか迷っていた時に、耳で血圧のコントロールができるとの噂を聞いて来院して下さいました。
私としては・・・、全身的な鍼灸治療の方が症例数も圧倒的に多く、良好な結果を導き出せているんので全身治療をおススメしたのですがね、本人の強い希望があってBFAによる首肩こりと血圧のコントロールをする事にしました。
施術はDr.Richard Niemtzowが提唱した5っのポイント(気が滞っているいる部分)へマグレインSを貼り付けました。
20200215S.Y.R
20200215S.Y.L

直後効果としては直ぐに首肩の痛みは変化が認められ、血圧の低下を確認できました。
血圧に関しては医師の指示通り毎朝晩の血圧記録を継続していただく事としました。
週に1度程度の通院で2ヶ月ほど様子を見たいと思います。

尚、刺激方法によっては血圧が急激に上昇する事が有るので、この症例というか、高血圧の患者さんに限っては写真を見て真似するのだけはおやめ下さい。


※痛いとか、痛くないとかの前に・・・本家のASP鍼を使用したBattlefield Acupunctureは、日本の鍼では代替えが効かない場合の緊急措置として海外からその患者さんの為だけに輸入して施術すると云うのが大原則ですのですから初回からASP鍼の選択をする事は原則ありません。




ASP鍼によるBattlefield Acupunctureが有名でありますが・・・
ASP鍼は日本だとまだ流通していない特殊な鍼ですので効果が高くても高価すぎて気軽にお願いできないとのお声を頂戴いたします。
日本に流通している鍼やそれに代わるモノで施術する場合、どうしても絆創膏が必須になるのですが、かぶれないという人であればASP鍼を使わなくても(、効果は劣りますが)Battlefield Acupunctureの効果を体感して頂く事は可能です。
当院では基本的に”マグレインS(阪村研究所社製)”によるBattlefield Acupunctureを提供しておりますが、かぶれにより継続して施術が出来ない場合や、更なる効果を期待したい方の為にAフランスからSP鍼を輸入してASP鍼によるBattlefield Acupunctureを提供する事も可能です。
詳細はお問い合わせください。

この症例報告は本人の了承を得て記述及び掲載しております。
又、直後効果を具体的に共有するために、患者さんの言葉をそのまま記述しておる症例報告もあります事ご了承ください。

主訴:重度の首肩こり
30代男性 
現病歴:首・肩こりが酷く悩んでいた。
以前より首・肩のこりに悩んでいた。耳だけで首・肩こりを治してくれる治療院があると聞いて来院。
特に医療機関は受診していない。
飲酒好まない。
喫煙歴過なし。
既往歴:特記事項なし
家族歴:特記事項なし
所見:後頚部と両肩に強い凝りを認める
自覚症状:首肩こり

カブレにくい体質という事ですのでマグレインSによるBattlefield Acupunctureを第一選択肢として施術する。問診の上、明らかな適応外疾患は認められないので、肩・首の凝りに対してThalamus、Cingulate Gyrus、Omega2、Point Zero、Shen Menを目安とし両耳介部をココロケーター(セイリン社製)にて低電気抵抗点を探査し、マグレインS(阪村研究所社製)を貼付けする。(左右5個づつ合計10個)

刺鍼部は添付写真を参照
eiyama202001R
eiyama202001L

【結果】
施術直後、首・肩の凝りはNRS法にて10→2 となった。
尚、患者の感想を言葉を発したまま掲載すると「右に向けなかったが向けるようになった!両肩が軽い!」だそです。

症例報告日:令和2年1月926日
症例報告作成者:松浦哲也


地域包括ケアシステムの中で鍼灸師ができる事を考えてみた。
あくまで自論ですが・・・

「未病治」を目的に地域包括ケアシステムの中に参加できれば鍼灸が本当の意味で見とれられたと思うのですが・・・それは無理でしょうから、「鍼灸による疼痛緩和によって、薬の使用料を減らせる!」って事じゃないでしょうか?
そこに医療保険等の絡みが入ってくると制度の壁があり、簡単には併給でいきない事実がありますが・・・((+_+))
制度上の話は下々の者が語っても変わりわしないので・・・
現場で医師や看護師、ケアマネさん等が鍼灸を薦めるとしたら、先生の腕の違いによって差異があっては難しいと思っています。
その点、即効性と再現性に優れたBattefield Acupuncture(以下、BFAと表記)は誰が施術しても一定の結果を出しますので、地域包括ケアシステムの中でも鍼灸師が充分に活躍できる条件は整っておると思っております。
現状、日本ではASP鍼が簡単には入手できないので効果は劣りますが、パイオネクスやマグレイン等を用いたBFAや、セラミック温灸器を用いたBFAでもそれなりの結果を出すことが出来ます。患者さんの要望に合わせてフランスからASP鍼を輸入して施術してあげればもっと喜ばれると思いますが・・・。

もう一点、BFAは服を脱がせなくても施術できるという点も大きなメリットになります。

地域包括ケアシステムに拘らなくても、訪問鍼灸やスポーツ、災害ボランティアの現場でも日本版のBFAにて施術をしてあげる事が出来ると思います。
私も、日々の訪問鍼灸臨床現場では温灸器によるBFA施術を多用しております。
mizoue20191214-2
BFA-Seirin001
S__34717700

地域包括ケアシステムに鍼灸師が疼痛管理のスペシャリストして参入できれば、鍼灸師の社会的地位ももう少し上がるのではないかと思う次第であります。
あくまで自論ですよ。。。


再現率75%のその先へ!
松浦流Battlefield Acupuncture!

腰が痛くて、駐車場の車から診療所まで移動できないなら・・・
駐車場へ鍼灸師が移動して施術して動けるようにすればいいだけの話!

論文に書かれている基本の5穴を施術しても25%の確率で無効・・・
それなら松浦流を試してみて!

続きを読む

↑このページのトップヘ